バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

デジ絵初心者の第一歩(2) 〜まずはとりあえず描いてみませう(線画編)〜

こんにちは、バグです。 

では、ibispaintの導入も終わったと思いますので、さっそく絵を描いてみましょう。

最初はチャレンジせずに何か簡単なものを描きましょう、何がいいか探したら手元に梨子ちゃんの寝そべりマグネットが有りましたので、これにしましょう。

f:id:zero_52_bag:20210121104552j:plain(一個、二個、サンド!)

今回このブログを始めるにあたり、なるべく初めてチャレンジされる方と同じように、まっさらな状態から始めようと思いますので、家に転がっていたiPhone5Cにibisを導入してやっていきたいと思います。(したら最新バージョンは入らなかった。まあいいか。)

 

f:id:zero_52_bag:20210121112353j:plain

 

エントリィィ!

絵を描くには、真ん中左の筆のアイコンの「マイギャラリー」をタップします。 

 

f:id:zero_52_bag:20210121104453j:plain

今はまだまっしろけ。

絵を描いていくと、ここにどんどん保管されていきます。 

画面左下の+をタップします。

 

f:id:zero_52_bag:20210121104521j:plain

キャンバスのサイズ(絵の大きさ)を選択します。

小さいサイズのキャンバスが、荒い感じになりますが、その分サクサク動きます。

大きいサイズのキャンバスは、細かい絵を描けますが、その分マシンパワーを要求されますので、古いスマホとかだと厳しいかもです。

まずは最初ですので、軽めのキャンバスでやってみます。

一番上のSD(640X1136)を選択します。

(キャンバスサイズ(○X○)の○部分の数字ははスマホタブレットの機種の画面サイズで変わってきますので、SDと書いてあるのを選んでもらえればOKです。)

 

f:id:zero_52_bag:20210121104533j:plain

 

開きました。

いろいろボタンがありますが、とりあえず描いてみましょう。

指でなぞれば、その通りに線が引けるはずです。

もし描いてて、いま引っ張った線が気に食わなかったら、画面を2本指でタップしてください。そすれば、その線を引く一手前に戻ります。

 

f:id:zero_52_bag:20210121104544j:plain

 

梨子ちゃん描けました(笑)

とりあえずはまっすぐ綺麗な線を引くのも最初は難しいと思いますが、そこら辺はおいおい説明しますので、まずは何か簡単なものを描いてなんとなく慣れて貰えれば。

 

終わる時は、アプリを閉じても自動的に保存してくれますが、画面右下の←をタップして、マイギャラリーに戻るをタップすれば、今描いたところまで保存してギャラリーに反映されます。 

 

f:id:zero_52_bag:20210121114301j:plain

こんな感じです。

これが記念すべき第一作品です、おめでとう!どんな形であれ、どんな作品であれ、もう絵を描いたんだから、今日から「俺はデジ絵師だ」と名乗ってOKです笑。

 

ちなみに私の携帯のギャラリーに残っていた一番古い絵はこれでした笑

f:id:zero_52_bag:20210121115122j:plain

想いよひとつになれ曜ちゃん、多分ウェハースのカード見ながら昼休み時間中に描いたやつだったと思う…いろいろ酷いけど当時は「よくやった、感動した!」と思ってた記憶が。

 

とりあえず今回はここまでです。

ではまた。

 

バグ