バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

デジ絵初心者の第一歩(4) 〜まずはとりあえず描いてみませう(色塗り・前編)〜

こんにちは、バグです。

さて、いよいよ色を塗っていきますよ!

 

ただ、その前に、ちょっとだけ塗り方のやり方というか考え方について、ちょろっと説明させてください。

実際に紙などに絵を描いて塗っていくアナログ絵とデジタル絵の一番の大きな違いは、この塗り方なんじゃないかなあと個人的には思います。

アナログ絵は、一枚の紙の上に、線を描いて、色を塗って仕上がりますが、デジタル絵は、なんと言うか…。透明な板に、線を描いて、また別の透明な板に、色を塗って、重ねて見ると線と色が重なって一枚の絵として見えるというか…。

ヘッタクソな図解で申し訳ないですが、こんなイメージです。

f:id:zero_52_bag:20210123192430j:plain

 

この画像の左にある女の子の絵があったとします。この絵は、(1)肌の色と、(2)髪の毛の色と、(3)リボンの色と、(4)黒い線といういう4つの要素でできています。この4つの要素を、それぞれ別の透明な板(レイヤーと言います)に描いて、最後に上から重ねて見ると、女の子の絵が完成する…というイメージです。

別にアナログ絵の様に一枚の板に全部描いて、塗りゃいいじゃん!と思われる方も居るかもなのですが、デジタル絵の利点は、要素ごとに自由に加筆、修正ができるという点です。

アナログ絵なら、塗ってみたらイメージが違った…となった場合、一生懸命仕上げた線画や、そこまで塗った箇所までダメになってしまいますが、デジタル絵なら、色を塗ったレイヤーだけ描き直すことができるので、何度でも修正することができます。

例えば、髪の毛の色が気に入らなかったら、髪の毛のレイヤーだけ削除して、再度髪の毛のレイヤーを作成し、新しい色で塗ればいいだけです。

(私も最初デジ絵を始めた時は、この感覚がよく分からず、一枚のレイヤーに線も描いて色も塗っていて、失敗したら線も色も全部消してやり直すという事をやっていました笑。)

 

では、そのやり方をこれから説明していきますが…

結構説明が長くなっちゃいましたね(汗)

 

もう一度、アナログ絵とデジタル絵の違いについて纏めると…。

■アナログ絵

 一枚の紙に、線画を描き、色を塗る。

 失敗したら、(基本的には)線画からやり直し。

■デジタル絵

 レイヤーと呼ばれる複数の透明な板に、線画と色を別々に描く。

 失敗しても、失敗したレイヤーだけ、加筆修正ができる。

 

今日のところは考え方の説明だけにして、次回、実際にレイヤーに色を塗っていく方法を説明していきたいと思います。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

ではまた。

 

バグ