バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

デジ絵初心者の第二歩(2) 〜全身を描いてみませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

※今回の記事は、ibispaintの使い方ではなく、絵の描き方です。

絵の描き方については、私のような素人のアテにならないやり方を説明するより、本職のプロの方が説明されているブログ等沢山あるので、正直そちらを参考にされ、練習することをお勧めしますが、初心者の方にとっては何かの参考になるかもしれませんので、読んで頂ければ幸いです。

 

それでは、タイトルの通り、全身の描き方です。

恐らく、顔だけなら描けるんだけど…という方は結構いらっしゃるんじゃないかと思います。

私もそうでした。

3年ほど前に、絵を再開するにあたって、大昔に買って部屋の飾りと化していたポーズ人形?

 を試しに描いてみました。

f:id:zero_52_bag:20210212103430j:plain

ポーズ人形の彼女です。

f:id:zero_52_bag:20210212103433j:plain

…1枚に収まりきらない…。

こんな有様でした。

模写できれば描けるだろう!と考えていたのですが、顔だけなら模写できるけど、全身となるとバランスがめちゃくちゃになるのは前回の真姫ちゃんの時に薄々感づいてはいたのですが。

 

結論から言うと、「頭身」の考え方が全く解っていませんでした。

先ほどのデッサン人形の彼女の写真をibisで取り込んで、測ってみましょう。

(やり方は前回の記事を参照してください。)

 

で、取り込んでみました。

f:id:zero_52_bag:20210212103438p:plain

頭のサイズが縦に3マスですね。

若干誤差がありますが、身長は約18マス、という事は、彼女は「6頭身」となります。

そして、さらに見ていくと…

胴体の長さは約6マス、頭2個分の長さになります。

足の長さは約9マス、頭3個分の長さになります。

膝は、足の長さのちょうど真ん中あたりになります。

 

…と言った感じで、マス目で計ると、色々なことが判ると思います。

そこで、私がやったのは、方眼紙に6等分した印をあらかじめつけておいて、そのサイズで全身絵を描くという練習をしました。

こんな感じです。

f:id:zero_52_bag:20210212103443j:plain

1マスでは小さすぎるので、2マス文を頭のサイズとし、6マス目に股間がくる、12マス目が地面といった印を最初に書いておき、それに当てはめて体を描いていく感じです。

寸法があっていれば、最初は肉のつき方や体型が多少変でも、何となく見栄えは良くなります。

 

これを繰り返していくと、最終的にはマス目なしでもバランスが取れた全身が描けるようになると思うので、最初は方眼紙を活用してください!

f:id:zero_52_bag:20210212103447j:plain

(そして何となくバランスが取れてきたヨハネの図)

私もそうでしたが、全身が描けるようになるとまた世界が広がると思いますので、ぜひぜひチャレンジしてみてください。

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ