バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

デジ絵初心者の第二歩(4) 〜肌を塗ってみませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

※今回の記事は、どちらかと言うとibispaintの使い方ではなく、絵の描き方です。

絵の描き方については、私のような素人のアテにならないやり方を説明するより、本職のプロの方が説明されているブログ等沢山あるので、正直そちらを参考にされ、練習することをお勧めしますが、初心者の方にとっては何かの参考になるかもしれませんので、読んで頂ければ幸いです。

 

今回は肌の塗り方です。

正直書くかどうか悩んだのですが、これについてはプロの方が色々な所で塗り方を公開していらっしゃるので、結構本気でそちらを参照した方が良いかと思います笑

と言ったら今回の記事は終わってしまうので、参考までに、私の塗り方を書かせて頂きます。

 

肌塗りの基本は、ベース色、影色、ハイライトの3色があれば何とかなるかと思いますが、影色を何段か用意すると、より深みが増すと言うか、そんな感じなので、影は2段以上用意することをお勧めします(とは言っても、10段も要らないとは思いますが…)。今回はとりあえず2段で考えます。

それと、肌に赤みを加えると健康っぽく見えるらしいので、朱色を薄く重ねます。(これは私もネットや本で学びましたが、効果抜群です。)

 

そこら辺を考慮すると、使用するのは以下の7色です。

(1)ベース色

(2)影色1

(3)影色2

(4)朱色

(5)薄ピンク(唇、爪)

(6)ハイライト

(7)ピンク(頬)

レイヤーもこの順番で重ねています(ベース色が一番下)。

 

では、実際にこの線画を塗ってみたいと思います。

f:id:zero_52_bag:20210308165224p:plainガサラキにこんな子居たような…)

 

まずは、(1)のベース色でバケツ塗りします。

f:id:zero_52_bag:20210308165228p:plain

 

次に、新規レイヤー作成後クリッピングし、(2)の影色1で、若干影になっている部分を50〜60%のエアブラシで塗っていきます。

f:id:zero_52_bag:20210308165232p:plain

(この塗り以降をエアブラシでなく100%のフェードペンで塗れば俗に言う「アニメ塗り」っぽくなるかと思います。)

 

新規レイヤー作成後クリッピングし、(3)の影色2で、光の当たらない部分を塗っていきます。今回の絵で言うと頭でがっつり影になる首のあたり、おでこの際のあたりですかね。

f:id:zero_52_bag:20210308165236p:plain

 

肌に赤みを加えるため、新規レイヤー作成後クリッピングし、影色1より少し広い範囲に、(4)の朱色で20〜30%のエアブラシで塗っていきます。赤っぽくなりすぎたら、レイヤーの不透明度を下げて、しっくりくる箇所で調整します。

f:id:zero_52_bag:20210308165240p:plain

f:id:zero_52_bag:20210308170454p:plain

(アニメ塗りの場合はここは飛ばします。)

 

新規レイヤー作成後クリッピングし、(5)の薄ピンクで唇、爪を50〜60%のエアブラシで塗っていきます。

f:id:zero_52_bag:20210308165248p:plain

新規レイヤーを作成後、加算レイヤーに変更したらクリッピングし、(6)のハイライト色を50〜60%のエアブラシで塗っていきます。光りすぎたら、レイヤーの不透明度を下げて、しっくりくる箇所で調整します。

ハイライトを入れる箇所は、顔だと鼻、唇、胸元だと鎖骨の光が当たるであろう方向です。

f:id:zero_52_bag:20210308165252p:plain

 

新規レイヤー作成後クリッピングし、(7)のピンクで頬を50〜60%のエアブラシで塗っていきます。

f:id:zero_52_bag:20210308165257p:plain

(私の場合、そこから少し明度を下げたピンクで、細いGペンで斜線を加えて手書き風?にしています。)

 

いかがでしょうか。影を一段塗っただけよりも、だいぶエモく(?)なったと思います。

 

エアブラシで塗った方がアニメ塗りよりも良い意味でごまかしが効くので、初心者の方はエアブラシでの塗りをお勧めします。

 

参考までに、私が今回使用したパレットを置いておきます。

左から(1)〜(7)です。

f:id:zero_52_bag:20210308170458j:plain

 

※2021/3/10 追記

こちらのカラーパレットをibispaintに取り込むやり方を描いていませんでした汗

この画像をダウンロードして貰って、キャンバス作成時に写真読み込みでこの画像を選択して貰って、スポイトツールで色を吸い取って貰えば、現在使用中の色が吸い取った色に変更されるので、それをパレットに登録して頂ければOKです。

f:id:zero_52_bag:20210310102849p:plain

デフォルトだと長押しでもスポイト機能になった筈です、私は誤動作を嫌ってオミットしてしまいましたが…。

 

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ