バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

休憩所(3) 〜絵描きとしての運命を変えた2冊(大袈裟)〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

 今日は、私の絵描きとしての運命を変えた、といったら大袈裟なんですが、でも絵を趣味として確立させてくれた本を2冊紹介したいと思います。

 

以前の記事でもご紹介させて頂きましたが、私はキャラクターの顔の模写はある程度できる自信はあったのですが、全身となると酷いもので、バランスが滅茶苦茶でとんでもない頭身になってしまう有様でした笑。

 

f:id:zero_52_bag:20210212103433j:plain(見ながら描いてこれです汗)

 

とりあえず、顔は模写れる(これも今考えるとバランスめちゃくちゃだったんですが汗)から、何故か顔の描き方はいいや、何か全身の描き方だけにフォーカスした書籍とか無いのかと、書店を巡っていた時に発見したのがこちらの本です。

 

ヒロマサのお絵描き講座 体の描き方編(廣済堂出版



お絵かき初心者である「助手ちゃん」が、素人にありがちな失敗をし、それに対して著者のうえだヒロマサ氏がアドバイスをする…という漫画形式で描かれており、とても判りやすいです。また、いきなり難しい描き方を提示するのではなく、最初は人間の体を四角い箱で作られたロボットとして考えるなど、初心者でもこれなら描けるんじゃないかな…といった感じで、とにかく初心者の方でもとっつきやすいのが良いと思います。

 

この本のお陰で、今まで全身が描けなかった(模写すらまともにできなかった)のが描けるようになり、それがきっかけで絵をちゃんと描くようになった感じなので、まさに運命を変えた一冊です笑 

f:id:zero_52_bag:20210212103447j:plain

この本を読んだ事によって、バランスめちゃくちゃだったのが、これ位にはなりました笑 

 

もう一冊はこちらの本です。

 

美少女イラストのリアルな肌の塗り方(玄光社

 

 

何とか全身は描けるようになりましたが、塗りと言ったら、単純に影だけ適当につけときゃ良いや位にしか考えていませんでした。

 

f:id:zero_52_bag:20210309162100p:plain

 

こんな感じです笑

なんか違う…でも何が違うのかようわからん…だった時に、書店で見つけたのがこちらです。買う時すげえ小っ恥ずかしかったんですが笑、基本的な肌の塗り方や、体の各部の効果的な塗り方ぬついて、とても詳しく書かれています。

この本に書いてある通りの塗り方で、先程の絵を再挑戦してみたのがこちらです。

 

f:id:zero_52_bag:20210224110716p:plain

今見れば全然大したことはないんですが、塗り方だけでこんなに変わるものかと、当時は正直自分でもびっくりしました笑 

 

 

ただ、どの本にも言える事なのですが、読んだだけではダメで、実際に本に書いてある通りに実践してみることが大事だと思います。

流石にこの位はできるだろうから、ここはやってみなくても良いやというのではなく、本当に簡単な例でも、毎日反復練習までは行かなくとも、2〜3度は本に書いてある通りに描いてみる、塗ってみる、というのが大事だと思います。

 

今回は最も影響を受けた2冊をご紹介しましたが、また機会がありましたら、他の本も紹介したいと思います。

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ