バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

休憩所(4) 〜今更ながらにandroidスマホと板タブ繋いでibispaint使ってみました〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

f:id:zero_52_bag:20210311001959j:plain

皆さんibispaintは何で描いてらっしゃいますか?多分、指で描かれている方が多いんじゃないかと思います。

私も最初は指で描いていましたが、私の指は性能が劣悪なので笑、100円ショップのタッチペンや、USB充電の静電ペンなども使ってみましたが、確かに細かい作業は楽にはなるんですが、何というか、座標が微妙にずれる感じなんですよね。

私の場合、厚めの保護ガラスフィルムを貼っていたというのも有るのですが、ずれをibis側で補正しても、画面の位置によっては余計にずれてしまったりと、なかなか上手く行かずに、AplePencilに乗り換えてしまったという経緯があります笑。

 

実はibispaintをメインで使う前に、ワコム社の板タブを購入して、短い期間ですが、付属の期間限定版クリスタ(ClipStudioの略です)で絵を描いていた時期が有りました。

まぁその絵は酷過ぎるのでお見せできませんが汗、画面と板タブのポインタの位置間隔がいまいち慣れないというか…そこで遠ざかっちゃったというお話を最初の記事で書かせて頂きましたが、そんな感じで使わないでお蔵入りしていました。

それからiPadで絵を描くようになって暫くしてから、ワコムの板タブがandroidのibispaintに対応したというニュースを見かけたのですが、特に必要もなかったので気にもしなかったのですが、たまたま部屋を掃除したら板タブが出てきたので笑、どんな感じか試してみようと思います。

 

今回接続を試してみたのは、こちらの機種です。

 

接続先のスマートフォンは、こちらの機種です。

 

それ以外にも、板タブ(USBオス)とスマートフォン(私の機種だとmicroUSBメス)を接続するOTGアダプタ?ケーブル?が必要になります。こんなやつです。

  

私の場合、これは何かについてた付属品が余っていたので流用しました。

 

※これから購入を検討される方は、スマートフォン、OTGアダプタは、公式で動作保証取れたものを選択した方が良いかと思います。

 

接続する前に、板タブのファームウェアを最新版にバージョンアップする必要があるそうです。(2019年11月以降の購入品ならファームウェア更新は不要みたいです。)

これは、ワコムのサイトで最新のドライバをインストールすると一緒にインストールされる「ワコムデスクトップセンター」というアプリを起動すると、ファームウェアアップデートの項目があるので、そちらを選択すれば特に問題なく更新されました。

101.wacom.com

 

その後、板タブとOTGアダプタ、スマートフォンを接続すると、板タブのLEDがうっすらと点灯するので、そしたら接続OKだそうです。

試しにスライドさせると…うぉ、カーソル出てきた!

 

f:id:zero_52_bag:20210311000617p:plain(グルミクはいいぞ!)

ではibispaintを使ってみましょう。

f:id:zero_52_bag:20210311000635p:plain

すごい!ちゃんと筆圧検知(実際のペンのように、力を入れると太い線が描ける機能)も効いています。

 

スマホのibispaintが板タブで動くというのもなんか新鮮です。

 

 

 

ところで、iPhoneには対応してないの?と思ったら残念ながら対応していないようです。

うーん、何故でしょう。iPhoneはApplepencilにも対応していないんだよな、確か…。

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ