バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

デジ絵初心者の第二歩(6) 〜髪を塗ってみませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

※今回の記事は、どちらかと言うとibispaintの使い方ではなく、絵の描き方です。

絵の描き方については、私のような素人のアテにならないやり方を説明するより、本職のプロの方が説明されているブログ等沢山あるので、正直そちらを参考にされ、練習することをお勧めしますが、初心者の方にとっては何かの参考になるかもしれませんので、読んで頂ければ幸いです。

 

今回は髪の塗り方です。

髪に関しては、実は私も試行錯誤中でして笑、全く参考にならないんじゃないかとも思いますが、一応、私の塗り方を書かせて頂きます。

 

私の場合、基本は

(1)ベース色

(2)影色((1)のベース色を暗くしたものです)

(3)ハイライト色(ベース色(1)を限りなく白に近い位に明るくした色です)

の合計3レイヤーを使っています。

 

あれ、肌や目と比べて、レイヤー少なくね?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、正直5レイヤーくらいでやってみた事も有ったんですが、何というか、あまり効果がなくて汗

なので、髪については3レイヤーだけで済ませてしまっています…。

 

では、またまた最近恒例のこの子の髪の毛を塗ってみたいと思います。

 

f:id:zero_52_bag:20210308165224p:plain

 

まずは、髪の毛全体を(1)のベース色でバケツ塗りします。

 

f:id:zero_52_bag:20210312141129p:plain

次に、新規レイヤー作成後クリッピングし、(2)の影色で、影になるであろう部分を100%のフェードペンで塗っていきます。

(あれ、いつもの50%エアブラシじゃないの?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、私の場合、髪の毛だけはアニメ塗りっぽくやっています。)

 

f:id:zero_52_bag:20210312141133p:plain

影になる部分は、首の後ろ、髪の内側になる部分等々です。

黒っぽくなりすぎたら、レイヤーの不透明度を下げて、しっくりくる箇所で調整します。

 

新規レイヤーを作成後、加算レイヤーに変更したらクリッピングし、(3)のハイライト色を50〜60%のエアブラシで塗っていきます。おでこの辺りを、頭の丸さを意識しながら弧を描くように塗ります。光りすぎたら、レイヤーの不透明度を下げて、しっくりくる箇所で調整します。

 

f:id:zero_52_bag:20210312141137p:plain

消しゴムツールで、100%の細い鉛筆を選択し、ハイライトを髪の毛の流れる方向に削っていきます。

 

f:id:zero_52_bag:20210312141142p:plain

 

これで完成です。(こんだけかい!)

f:id:zero_52_bag:20210312141146p:plain

結構手抜きなんですが、いろいろ試してみた結果、このやり方に落ち着いてしまいました。

時間のある時に、もっと別の塗り方も研究してみたいとは思っているのですが…。

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ