バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

ibispaint初心者のための機能紹介(10) 〜範囲選択して影をつけてみませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

今日はタイトルの通り、範囲選択の機能を利用して、影をつける方法です。

こちらの絵をご覧ください。

f:id:zero_52_bag:20210326114046p:plain

キャラクターの後ろに、キャラクターと同じ形の影がついていると思います。

この影は、線画をコピーして、線画の範囲を黒く塗りつぶして…とやっているわけではなく、ibispaintの「範囲選択」機能を使って描いています。

では、そのやり方をご説明します。

 

まずは、ツールの中の「自動選択」をタップします。

f:id:zero_52_bag:20210326113952p:plain

 

そして、キャラクターの周りの余白部分どこでも良いのでタップします。

すると、余白部分が破線(-----)で囲まれます。

f:id:zero_52_bag:20210326113956p:plain

 

飛び地になっている余白部分もタップします。

f:id:zero_52_bag:20210326114001p:plain

 

この状態で、レイヤーを参照すると、一番上の選択レイヤーが、キャラクターの周囲だけ紫色になっているのが確認できると思います。

この紫色の部分が、「現在選択されている範囲」となります。

f:id:zero_52_bag:20210326114005p:plain

現在選択されている範囲って何?と思われるかもしれませんが、後で説明しますので、とりあえずは先に進みます。

 

次に、画面の上にある「範囲選択」メニュー(破線で囲まれた四角形のアイコン)をタップし、「選択の反転」をタップします。

f:id:zero_52_bag:20210326114008p:plain

 

すると、キャンバスの枠についていた破線が消えて、キャラクターの周囲だけが破線で囲まれると思います。

この状態で、また選択レイヤーを確認すると、紫色の範囲が先ほど見たときと逆になっていると思います。

f:id:zero_52_bag:20210326114012p:plain

これで、キャラクターの輪郭の範囲が選択されたことになります。

 

次に、レイヤーの一番上(選択レイヤーの下)に、新規でレイヤーを作成します。

f:id:zero_52_bag:20210326114017p:plain

 

太さマックスにしたペンで、キャンバスを思いっきり塗ってみましょう!

するとあら不思議、キャラクターの輪郭の範囲だけが黒で塗られて、周囲は白色のままになると思います。

f:id:zero_52_bag:20210326114021p:plain

このように、範囲選択をすると、選択された(破線で囲まれた)範囲にしか、色が塗られなくなります。そのため、キャラクターの輪郭と同じ範囲だけに影色をつけることができるようになります。

 

がっつり塗りました。

f:id:zero_52_bag:20210326114024p:plain

アルゴスの戦士天空城リンクの冒険の最後のボスみたいですね(?)

 

さて、ここまで終わったら、もう一度「範囲選択」メニューをタップして、「選択解除」をタップします。すると、キャラクターの周囲から破線が消えると思います。

f:id:zero_52_bag:20210326114029p:plain

 

作成した影レイヤーをキャラクターのレイヤーの下に移動します。

そして、影レイヤーを選択した状態のまま、ツールの「移動変形」をタップします。

f:id:zero_52_bag:20210326114034p:plain


影のレイヤーを、実際に影ができるであろう方向に移動します。

移動したら、設定画面の右上の右上のチェックマークをタップします。
 

 

f:id:zero_52_bag:20210326114038p:plain

 

真っ黒なままだと影が強すぎるので、影レイヤーの不透明度を下げて、良い感じのところで調整します。

f:id:zero_52_bag:20210326114042p:plain

 

完成です。影っぽくなったと思います。

f:id:zero_52_bag:20210326114046p:plain

 

今回は影の色を黒で塗りましたが、別の色で塗るとまた違った感じになりますので、色々と試してみて下さいね。

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ