バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

デジ絵初心者の実践編(1) 〜ラフを描きませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

さて、今回から「実践編」を始めたいと思います。

このブログを始めて間もない頃に、大まかな作成風景についてはお話ししましたが、そろそろ描くネタも無くなってきたので実際の作成過程について、もう少し具体的に何回かに分けてお話ししていきたいと思います。

正直、初心者の私の描き方なんかご説明した所であまり意味は無いかも知れませんが笑、何かの参考になればと思うので、お付き合いいただければ幸いです。

 

まずは何はともあれ、何を描きたいのかを考えないといけませんが、私の場合は、いろんな作品をみて感化されたり、突然閃いたり(大抵下らないネタですが)が多いですが、他の人はどうなんでしょう…汗

何も思いつかないよ!って方は、お題箱を設置したり、お題メーカーを使ってみると良いかもしれません。

今回、描いていこうと思うのは、なぜか突然MEGさんの「OK」が脳内に流れたので、そのPV風のイラストを描いていこうと思います。

 

まずはひたすらPVを見て、サビのダンスのポーズを覚えます笑

そのポーズをざっくり描いてみましょう。

f:id:zero_52_bag:20210409102957p:plain

こんな感じでしょうか。とりあえずはざっくりでOKです。

そして、キャンバスにちょうど収まるよう、移動ツールを使って、移動させたり、拡大縮小したりして、良い位置に収めましょう。

ラフの段階では、いくらでも拡大縮小して大丈夫ですが、線画を起こした後は、拡大縮小すると、サイズ感は合ってもタッチが妙なことになりますので、ラフの段階できっかりサイズを合わせておくことをお勧めします。

 

構図とサイズが確定したら、ラフに肉付けをしていきます。

またPVをひたすら見て、衣装のデザインの感じを掴みます笑。

キャラクターの表情付けや肉付けが終わったら、衣装を体のラインに合わせて描いていきます。

f:id:zero_52_bag:20210409103002p:plain

こんな感じでしょうか。

あまり筋肉とか意識するとマッチョな感じになってしまうので(私はよくなります)、ほどほどにしておきましょう。

装飾が細かい衣装の場合など、衣装ラフを別に用意して、ラフの上にラフレイヤーを追加する時もあります。

今回は、このラフの感じで行こうと思います。

 

私の場合、ラフから直接デジタルで描いていますが、人によっては、下書きはアナログで…という方もいらっしゃるかも知れません。

その場合は、以前の記事を参照頂いて、線画を取り込んでいただければOKです。

 

では、今回はここまでにしておきます。 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ