バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

デジ絵初心者の実践編(3) 〜ベース色と肌を塗りませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

今回から色を塗っていきます。

一回でやるとすぐにネタ切れになってしまうので長くなってしまうので、何回かに分けてやっていきたいと思います。

 

まずは、前回作成した線画がこちらになります。

f:id:zero_52_bag:20210410103858p:plain

 

ベース色を塗ってみませう

さっそく着色していきましょう。

私の場合、まずは全体の感じを見るために、各部分にベースの色を配置していきます。

とりあえずはバケツでガンガン色を置いていきます。

f:id:zero_52_bag:20210411165740p:plain

どうしても漏れてしまう箇所(毛先や白目など)は、フェードペンで塗っていきます。

 

白っぽい色については、背景が白だと見えづらいので、いったん背景を黒にしてから置いていきます。

f:id:zero_52_bag:20210411165745p:plain

 

とりあえず置いてみたら、服のピンクが少し濃いと感じたので、微調整で明るくします。

服のレイヤーを選択した状態で、フィルタの「色相・彩度・明度」を選択し、明度を上げて少し薄くします。

f:id:zero_52_bag:20210411165749p:plain

 

最終的に、ベースの色はこのような感じになりました。

 

f:id:zero_52_bag:20210412090509p:plain

ストッキングは、肌色レイヤーの上にレイヤーを置き、茶色に塗った後で、不透明度を下げて肌が透ける感じを表現してます。

 

では、今回はここまでにしておきます。 

…って言うと流石に短すぎるので笑、肌塗りまでやってみたいと思います。

 

肌を塗ってみませう

まずは肌のレイヤーをまとめておくためのフォルダを作ります。

f:id:zero_52_bag:20210412085305p:plain

このフォルダの中に、肌のベース色レイヤーを移動し、その中で新規レイヤーをクリッピングして作成していく感じです。

 

まずは赤枠の箇所に、1段目の影を塗りました。

f:id:zero_52_bag:20210411165803p:plain

ストッキングの部分が判りづらかったら、いったん非表示にしてしまってもOKです。

 

 

赤枠の箇所に2段目の濃い影を塗りました。

f:id:zero_52_bag:20210411165808p:plain

 

赤枠の箇所に、うっすらと赤みをつけました。

f:id:zero_52_bag:20210411165812p:plain

 

赤枠の箇所に、ハイライトを入れました。

f:id:zero_52_bag:20210411165815p:plain

 

唇と頬に、リップ色とチーク色を塗りました。

リップは、ハイライトレイヤーの下に作成します。

f:id:zero_52_bag:20210411165819p:plain

 

最終的に、このような感じになりました。

f:id:zero_52_bag:20210411165828p:plain

 

いかがでしょうか。肌だけでも影をつけると、大分エモくなりますね笑

肌塗りについては、以前の記事で詳細を書いていますので、そちらを参照してみてください。

bagmozzarella.com

 

では、今回はここまでにしておきます。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ