バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

ibispaint初心者のための機能紹介(11) 〜範囲選択して素材を貼りつけてみませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

今日は、ibispaintに標準で付いている素材を使って、衣服の柄を自然な感じに表現する方法を説明したいと思います。

 

例えば、こんなスカートがあったとします。

(裾のモクモクしたのはレースのフリルのつもりです…。)

f:id:zero_52_bag:20210503173041p:plain

 

では、このスカートに素材をを貼り付けていってみましょう。

 

スカートに柄を貼り付けませう

スカートを範囲選択します。

f:id:zero_52_bag:20210503173033p:plain

(自動選択状態で、続けて隣のブロックを選択すれば、範囲選択範囲がつながります)

 

この状態で、画面右上の素材ボタンをタップし、柄となる素材を選択し、位置やサイズを調整したら緑色のチェックボタンをタップします。

f:id:zero_52_bag:20210503173028p:plain

 

すると、素材が選択範囲の形に貼り付きます。

f:id:zero_52_bag:20210503173022p:plain

 

どうでしょうか?

柄によってはこれでOKなんですが、なんか違和感がありますよね。

 

恐らく、こういう格子模様のスカートは、実際はこんな感じになるかと思います。

f:id:zero_52_bag:20210503173016p:plain

雑な手書きで恐縮ですが汗、紫の線のような柄になると思われます。

スカートの曲線に合わせて、柄もカーブする筈ですし、プリーツの折り返しの部分で、柄も途切れるはずですよね。

なので、素材もこのような感じで貼り付けると、よりそれっぽくなります。

 

なので、素材を変形させながら貼る方法を説明していきたいと思います。

 

まずは、1プリーツだけ範囲選択した状態で、素材を選びます。

f:id:zero_52_bag:20210503173012p:plain

 

操作のところにある時計回りの矢印アイコンをタップし、素材をスカートの方向に合わせて回転させます。

f:id:zero_52_bag:20210503173007p:plain

 

次に、メッシュ変形ボタンをタップします。

すると、デフォルトで3x3のマスで素材が区切られます。

マスの頂点をドラッグすると、素材もその方向にぐにゃっと変形しますので、スカートの形状に合わせて、形を調整します。

f:id:zero_52_bag:20210503173003p:plain

この図では、緑の丸で囲んだ頂点をドラッグして形を合わせています。

 

いい感じの形になったら、緑色のチェックボタンをタップし、貼り付けます。

f:id:zero_52_bag:20210503172959p:plain

こんな感じになりました。

 

続けて、2プリーツ目、3プリーツ目(この言い方で合ってるんだろうか汗)も同様に貼り付けていきます。

 

最終的に、このような形になりました。

f:id:zero_52_bag:20210503172955p:plain

いかがでしょうか?最初に何も考えずにただ貼り付けただけのものに比べれば、よりらしくなったかと思います。

 

フリルにレース素材を貼り付けませう

続いて、フリルのレースを貼り付けていきたいと思います。

フリルを一つ範囲選択した状態で、素材の「小物・家具(カラー)を選択します。

下の方にレースの素材があります。

ここで白のレースを選びたいんですが、白のレース素材は月額課金版の方のみ利用できる限定素材となっているようです(私も買い切り版なので選択できません涙)

 

仕方ないので、とりあえず黒のレースを選択し、後で白くしてしまいましょう笑

色は気にせず、良さげなレースの模様のものを選んでください。

f:id:zero_52_bag:20210503172946p:plain

 

方向や形を整えて、貼り付けます。

f:id:zero_52_bag:20210503172951p:plain

 

貼り付けた後に、フィルタの「色調整」「描画色変更」で白色を選択すると、白くなります。

f:id:zero_52_bag:20210503172938p:plain

 

このような感じで、次のフリルの続けてやっていきましょう。

一度選んだ素材は、素材ウィンドゥの履歴に入りますので、繰り返し使う場合にはいちいち探さなくてもこちらから選択できます。

また、星のマークをタップすれば、お気に入り状態になりますので、その場合は、隣のお気に入りタブに入ります。

よく使う素材については、お気に入り登録しておくことをお勧めします。

f:id:zero_52_bag:20210503172935p:plain

 

すべてのフリルに素材を貼りつけたら、貼り付けたレイヤーを合体させて、一気に「描画色変更」で白色にしてしまいましょう。

f:id:zero_52_bag:20210503172930p:plain

 

あとは影等をつけて完成です。

どうでしょう、超絶手抜きですが笑、一応それっぽくはなったかと思います。

f:id:zero_52_bag:20210503172926p:plain

単純にベタ張りだと浮いてしまう素材ですが、うまく変形して貼り付ければディテールアップや作業時間の短縮につながるかと思いますので、うまく活用してみてください〜。

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ