バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座(多分)

多分バグ位は誰でも絵が描ける様になる講座です。

ibispaint初心者のための機能紹介(12) 〜作品をバックアップしませう〜

こんにちは、バグです。

いつも読んでくださってありがとうございます。感謝。

 

超絶久しぶりの更新になります笑。

正直自分で使いこなせている機能はほぼブログに書いてしまったので、なかなか書くことが見つからないのです…。

(妙なポエム書いてもただでさえ少ない読者が皆無になりそうだし)

 

今日は、久しぶりにibispaintで困ったことになって色々調べたので、そこらへんを知識共有できたらなと思います。

実際は、ibispaintの機能で困ったわけでは無いんですが、私のiPadの容量がやヴァいことになってしまいますた。

 

f:id:zero_52_bag:20210820103225p:plain

(ぱっつぱつ!)

 

そのせいなのか、最近作業中にやたらibispaintが落ちるようになってしまいました…。

今までも結構限界で、古い画像を消したりして容量を何とか確保していたんですが、そろそろ限界です。

過去のゴミみたいな作品(えっ、今のも?)を消してしまえば、まぁ容量は確保できるんですが、なんかそれも愛着もあってなかなか消せないんですよね…。

最悪、画像で出力して、それを保管しておけば作品としては残せますが、やはりレイヤー等の情報も保持しておいて、後で修正できるような形で保存しておきたいですよね。

 

なので、今日は作品のバックアップ方法について説明したいと思います。

 

 

 

ファイルをエクスポートしませう

マイギャラリーでバックアップを取りたい作品を選択し、「作品ファイル(IPV)」をタップします。

 

f:id:zero_52_bag:20210820103230p:plain

 

ファイルに保存を選択し、任意のフォルダに保存します。

f:id:zero_52_bag:20210820103234p:plain

 

ここで、dropbox等の外部ストレージサービス等を選択すれば、本体の容量を増やさずに外部に保存することができます。

 

保存が確認できたら、本体のギャラリーから作品を削除してしまっても大丈夫です。

 

保存したファイルをインポートしませう

外部に逃した作品を復元するには、ファイルを自分のマシンにダウンロードし、開くときにibispaintを選択すれば、マイギャラリーに追加されます。

f:id:zero_52_bag:20210820103238p:plain

 

(他の作品の編集中にやったら、何も表示されなかったので、あれ、できない?と思ってマイギャラリーに戻ったらしっかり追加されていました^^;)

f:id:zero_52_bag:20210820103242p:plain

 

自分用のバックアップだけでなく、お仲間にレイヤー含めて画像データを渡すときなどにも活用できそうです。

 

あと、色々テストしてて分かったのですが、clipstudioでも、ibispaintのipvファイルは問題なく開けるようです。余談ですが。

ちなみに、ibispaintでclipファイルは開けなかったです。残念。

f:id:zero_52_bag:20210820103246p:plain

(更新していないので使用期限切れていて機能限定モードでしか開ません…汗)

 

また、エクスポートの際にclipstudioのclip形式や、photoshopのpsd形式でもエクスポートできるので、バックアップだけでなく、他ソフトウェアで加工する際には役立ちそうです。

皆さんも色々試してみてください〜。

 

では、今回はここまでにしておきます。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではまた。

 

バグ